うるうるの瞳になれるエチュードハウス「ミラーホリックリキッドアイズ 」がおすすめ!

コスメ

こんにちは、sakuです。今季は、メタリックやグリッターがブームとどこからか聞き、早速エチュードハウスの「ミラーホリックアイズ」のローズアイスワイン(PK002)を購入してみました。

スポンサーリンク

グリッターなのにラメが飛びにくい

エチュードハウス「ミラーホリックアイズ」ローズアイスワイン(PK002)

つけてみるととてもキラキラ、ゴージャスです。最近はここまでキラキラのものって使っていなかったので、新鮮に感じます(^_^)ラメはシルバーと赤いラメが入っていると思います。割と大粒でぎっしり入っています!容器の口がマスカラ容器みたいに狭まっているので、ある程度ここでしごけますが、それでもすごいキラキラなので控えめにしたい人は更に調節する必要があります。また、ふた部分がアプリケーターになっています。リップグロスについているようなアプリケーターなのですが、ふわふわになっているのでラメがたくさん取れます。また、アプリケーターの棒の部分が柔らかく、塗る時に手首の動きに合わせてしなるので、塗りやすいです。ただ、やっぱりこのアプリケーターだと目元にたくさんラメがついてしまって量の調節が難しいのと、細いラインは書けないので、気をつけて塗らないと目がギラギラになってしまいます(´;ω;`)

【左】ブラシの形状はこんな感じ。【右】伸ばすとベースの色はあまりわからない。

ベースの色はピンクベージュ系です。画像では結構濃い目に、広範囲に塗っているのでベースの色がわかると思います。でも、実際目に塗る時はここまで広範囲にべたっと塗らないのと、ベースの色はベージュで肌なじみの良い色なのであまりわからないと思います。質感としては、よくある液体状のグリッターというかんじなんですが、しばらくすると肌にぴたっと密着します。液体状のグリッターってゆるめの液体で、ラメもベースの色も飛んでっちゃうというイメージがあったのですが、これはラメが飛びません。最初はそういうイメージがあったので、私も使っているキャンメイクの「ラスティングマルチアイベース」を使っていたのですが、使わなくても大丈夫なくらいラメが飛びません。結構、こすっても落ちません!日常生活で使う分には、ベースがなくても大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

ウルウルの瞳になれる!

「ミラーホリックリキッドアイズ」はギラギラのラメがたくさん入っているので、輝きがすごいんです。なので、これをまぶたにぬると本当にうるうるの瞳になれます。私的にうるうる瞳になる塗り方は2つあります。

【右】泣いているの?ってくらいウルウルな瞳にしたい時はこちら。【左】控えめだけどキラキラの瞳にしたい時はこっち。

「泣いているの?」っていうくらい、本当にウルウルにしたい時は、下まぶたの目頭側に塗ると、今にも泣き出しそうなウルウルの瞳になります。でも、この塗り方だと目頭側に塗るので、キラキラが目立ってやりすぎと感じる人もいるかもしれません。そういう人は、下まぶたの目尻側に少しだけ塗ると光が当たったり、動いた時にキラッとしてかわいいです。ただ、上にも書いたとおり「ミラーホリックリキッドアイズ」は少しだけ塗るというのが中々難しいんですよね。ブラシも太めなので、最初にちゃんと分量を調節しておかないと本当にギラギラになってしまうし、割とすぐ固まってしまうので塗ってからだと分量調節が難しいです。なので、最初の分量調節に気をつけて塗るか、もしくは別の筆にとって塗るとよいと思います。

スポンサーリンク

いつもとちょっと違ったアイメイクがしたい方におすすめ!

「ミラーホリックリキッドアイズ」は、大きめのラメがぎっしり詰まっていて、濡れた質感とは違うけれど、ゴージャスなギラギラ感がかわいいグリッターです。今回、紹介した「ローズアイスワイン(PK002)」という色は、ベースの色がベージュで肌になじむので、グリッターに挑戦してみたいという方にも使いやすい色だと思います。これからの時期、イベントもたくさんあるので、いつもとは違った大胆なアイメイクがしたいという方におすすめです!

コスメ
スポンサーリンク
シェアしてもらえるとうれしいです!
やっぱり静岡がすきだら!