「KURAND CLUB(クランドクラブ)」から届いた日本酒「群馬」を飲んでみた!

お酒

こんにちは、sakuです。「KURAND CLUB(クランドクラブ)」から届いた日本酒「群馬」を早速飲んでみました。日本酒ってすごいな、おいしいなということを再認識し、早くも来月の「クランドクラブ」が楽しみです(^_^)
「クランドクラブ」から届いた荷物の全容が知りたい方はこちら!

山廃純米吟醸 無濾過生原酒 「群馬」って?

今回、「クランドクラブ」から届いた山廃純米吟醸 無濾過生原酒「群馬」は、群馬県川場村にある「土田酒造」が造っているお酒です。「群馬」というのは、土田酒造でも人気のあるブランドらしいんですが、クランドクラブから届く「群馬」は、会員専用のタンクで醸造した特別酒なんです。なので、市場には出回っていない「群馬」が飲めるということなんです。

「群馬」は、「オール群馬」ということにこだわっているお酒。どういうことかというと、材料である米、水、酵母はもちろん群馬県産ということなんですが、それだけでなく酒母も山廃酒母にすることで蔵に住み着いている乳酸菌も生かして造られた、正に“群馬のお酒”ということなんです!

でも、そもそも「山廃酒母(やまはいしゅぼ)」って何?ってことなんですが、酒母というのはお酒づくりの工程のことで、優良な清酒酵母を育てて次の発酵工程である「もろみ」での発酵を順調にするための下準備みたいなものらしいです。酒母を作るには乳酸菌が必要なのですが、酒母には2つあって速醸系酒母(そくじょうけいしゅぼ)と生酛系酒母(きもとけいしゅぼ)があります。速醸系酒母は、乳酸を人工的に加える製法で、生酛系酒母は蔵に自生している乳酸菌を空気中から取り込んで乳酸を作らせる方法です。「群馬」で使われている山廃酒母は生酛系酒母に当たります。つまり、蔵に自生している群馬県生まれの乳酸菌を利用した乳酸を使用しているということで、“オール群馬”ということなんです。こんな細かいところまでこだわって造られていて、すごいとしか言いようがありません。正直、私は酒母のことなんて、ブログに書くために調べなければ知ることもなかったと思います(^_^;)

ちなみに、山廃のイメージとして、重い・ゴツいといったものがあり敬遠される方も多いみたいなんですが、「群馬」は、その辺のことも考えられていて、飲みやすい山廃造りの日本酒を目指して造られたそうです。
「群馬」のスペックはこんな感じ。

山廃純米吟醸 無濾過生原酒 「群馬」のスペック
原料米 あさひの夢(群馬県産100%使用)
精米歩合 60%
酵母 G2酵母(群馬県酵母)
仕込み水 日本百名山 武尊山伏流水
アルコール度数 16度
日本酒度 +1
酸度 1.8

3度楽しめる日本酒「群馬」

「群馬」は、「冷」、「常温」、「燗」それぞれの温度帯によって全く異なる味や香りを楽しめる、3度楽しめる日本酒だと思います。

まずは、冷蔵庫から出したそのままの状態で頂きました。飲み込む瞬間にメロンみたいな甘みとまろやかさがあるんですが、後味はさっと引いてスッキリしています。甘口の日本酒もいくつか飲んだことはありますが、今まで飲んだ甘口とはちょっと違う感じ。ベタベタした甘さではなく、爽やかな甘さで本当にメロンみたいな味わいのお酒です。

今度は、「常温」の状態で飲んでみました。常温にするともう少し酸味がしっかりしてきて、今度はパイナップルの風味がします。パイナップルというかパイン飴みたいな感じで、酸味と甘さの両方が感じられます。

今度は、燗につけてみようということに。燗って温度が難しいので、「KURAND NEWS LETTER」をよく読んで、その通りの50℃~60℃くらいになるようにしました。「KURAND NEWS LETTER」には、飲み方のヒントや相性のよい料理なども書いてあるので便利です。家には、燗につけるための入れ物(?)(酒タンポと言うらしい…)はあるのですが、温度計がないので感覚を頼りに温めました。燗で飲むと、最初は今まであまり感じなかった酸味がぐっときます。でも、香りは、作りたてのわたあめみたいな香ばしさのある甘い香りがします。これも、しばらく置くと酸味が柔らかくなり、香りもやさしくなります。私は、この燗につけた時のわたあめみたいな香りが好きでした。こんな風に「群馬」は、温度帯によって味や香りが全く違ってくるので、次々と新しい発見があり、飲んでいて飽きませんでした。720mlでこれだけ色々楽しめるとは。(^_^)

ちょこっと酢っぱ

「群馬」と一緒に届いたおつまみ「ちょこっと酢っぱ」も、さっぱりした酸味が甘口の「群馬」と合っておいしかったです。「ちょこっと酢っぱ」は、「群馬」と同じ群馬県の会社で作られているおつまみこんにゃくなんです。「クランドクラブ」では、おつまみも送られてくる日本酒と同じ産地のものが届くので、その場所に行ったような気分になれます。

今回は、「クランドクラブ」初回に届いた「群馬」の感想を書いてみました。初回からこんな楽しめるとは思わず、期待以上でした。日本酒はこれまで書いてきた通りとてもよかったのですが、思ったよりもよかったのものが「KURAND NEWS LETTER」です。酒蔵のお話や、お酒の特徴、おいしい飲み方などが載っているんですが、それらの情報がコンパクトにまとまっていて読みやすく気に入りました。また、専用ファイルにしまっておけるので、収納に困らないところも良いです。早速、次のクランドクラブも楽しみです。

「クランドクラブ」の申し込みはこちらから
※新規入会者数に限りがあるのでご注意下さい。

〈参考元〉
KURAND CLUB
KURAND
株式会社大倉本家