猪毛ブラシのお手入れをしてみた!歯ブラシとヘアブラシクリーナーどっちがいいの?

コスメ

こんにちは、saku(@saku_smtghb)です。先日、購入した大阪ブラシ「シャトリ クッションブラシ猪毛」を手入れしてみました。
大阪ブラシの使い心地を知りたい方はこちら!

スポンサーリンク

歯ブラシでお手入れしてみた!

お手入れ方法について調べてみた所、お手入れ専用のブラシもあるそうなのですが、歯ブラシでもよいと書いてあったのでとりあえず歯ブラシでお手入れしてみることにしました。

以下、ホコリや髪の毛がついた汚いブラシの画像が出てきます。苦手な方はご注意下さい。

手順というほどでもないですが、色々参考にしつつ私はこんな感じでやってみました。

お手入れ手順
1.指で取り除けそうな髪の毛を取る
2.1で取り除けなかった髪の毛やホコリを歯ブラシで取る
3.2.で取り除けなかったホコリなどをピンセットで取る

ちなみにお手入れ前のブラシはこんな感じ。

2,3日くらい放置した状態です。あまりにも汚いので髪の毛はある程度取り除きましたが、それでもほこりが溜まって白くなっています。

メインとなる歯ブラシで残ったホコリや髪の毛を掻き出す作業。ヘアブラシに対して歯ブラシを横から当てて、根本から毛先に向かってブラッシングし、汚れを掻き出します。内側の方は、歯ブラシを縦にしてブラッシングするとできます。これをある程度汚れが取り除けるまで繰り返します。

ここで学んだ大切なことは「ほどほどに」ということです。いくらムキになってブラッシングしても丁寧にほこりを取り除いてもゼロになることはないので、大体キレイになったかなくらいで終わりにします。

最後に気になるほこりや汚れがあれば、ピンセットで取り除いて終わり。
ここまででかかった時間は30分でした。

お手入れ後のブラシは、こんな感じです。お手入れ前と比べると、白く見えていたほこりが取れてキレイになったと思います。

今回、歯ブラシでお手入れしてみて思ったことは、歯ブラシでも十分キレイに掃除できるけれど、歯ブラシの溜まってしまうほこりを取り除くのが大変ということです。

ヘアブラシから取り除いたほこりが歯ブラシの根本に詰まってしまうんです。気になるので取り除くのですが、歯ブラシを掃除しているのかブラシを掃除しているのかわからないというくらいに歯ブラシのほこりに時間を取られてしまいました。今回、手入れに30分かかってしまったのはそういった理由もあります。

歯ブラシはほこりが溜まってしまうという点は難点ですが、手に入れやすいしブラシもちゃんとキレイにできるので、問題がないわけではないけれど全く使えないわけでもありません。でも、ここで専用のクリーナーの使い心地が気になってしまい、購入してみることにしました。

スポンサーリンク

ヘアブラシクリーナーを購入してみた!

私が購入したのは、マペペ「ヘアブラシクリーナー」というもの。ブラシ部分がステンレスでできた小さい熊手のようなものです。「天然毛ブラシ用」とパッケージに書いてあるので、安心して使えますね。

使い方は歯ブラシと同じような要領で、根本から毛先に向かってほこりを掻き出します。使ってみるとやはりクリーナーの方が平たいので、ブラシの内側もスムーズにお手入れができます。また、歯ブラシであったお手入れ用具に溜まるほこりの問題も、クリーナーではほぼ気になりませんでした。というのも、クリーナーは平たいのでほこりが奥に詰まるということがないのでほこりが溜まっても簡単に取り除くことができます。

歯ブラシで手入れした時ほどブラシが汚れていなかったので、正確な時間の比較はできませんが、クリーナーに溜まったほこりが気にならない分スムーズにお手入れができました。

スポンサーリンク

手に入れやすい歯ブラシと、手入れしやすいクリーナー

というわけで、歯ブラシとヘアブラシクリーナーそれぞれを使ってヘアブラシをお手入れしてみた感想をまとめてみました。

〈歯ブラシ〉
・手に入れやすさでは優秀!どこかしらで手に入るので、思い立った時にお手入れできる。
・クリーナーと比べると内側の掃除がしにくいといったことはありますが、ヘアブラシについた汚れを取り除くという点では全く問題なし。
・これさえなければなぁという点は、歯ブラシにほこりが詰まってしまい、それを取り除くのが面倒なこと。
〈ヘアブラシクリーナー〉
・歯ブラシに比べたら手に入れやすさは劣るでしょう。
・お手入れのための用具だけあって、細かいところまで掃除しやすい。
・歯ブラシと大きく違う点は、クリーナーにほこりがついてもすぐ取れるので、クリーナーの掃除で時間を取られないこと。

身近にあるもので手軽にお手入れできるという点では歯ブラシは優秀ですが、やはり詰まったほこりを取り除くのが大変ということが難点として残ります。これからもお手入れをしていかなければならないこと、そしてそんなにこまめにはお手入れできる几帳面さが私にないことを考えると、ヘアブラシクリーナーがラクしてキレイにできる道具なのかなと思います。

ただし、あまりに汚れが溜まったヘアブラシをクリーナーで掃除すると、当然ですがヘアブラシクリーナーにも大量のほこりや髪の毛が絡みつくわけで、そうなるとクリーナーを完全にキレイにすることは難しくなってしまうそうです。なので、1番大事なことはやっぱりある程度こまめなお手入れということですね…!!

スポンサーリンク

ヘアブラシクリーナーを使っていつでもキレイなヘアブラシに!

ツヤツヤな天使の輪が欲しければ、ヘアブラシのこまめな手入れが大事!o(・ω・´o)
ヘアブラシの掃除もしやすくて、クリーナー自体の手入れもラクチンなヘアブラシクリーナーでツヤツヤ天使の輪をつくるヘアブラシを手に入れよう!

〈参考元〉
Trend News
Hairhapi
肌らぶ
頭美人

コスメ
スポンサーリンク
シェアしてもらえるとうれしいです!
やっぱり静岡がすきだら!