島田市「ラーメン ル・デッサン」はカフェ風の店内にフレンチ風の一風変わったおしゃれなラーメン!

和食

こんにちは、sakuです。

今回は、元フレンチのシェフがやっているラーメン屋さん「ル・デッサン」に行ってきました。

スポンサーリンク

「ル・デッサン」って?

東京の牛込柳町にあった「フランス料理 Restaurant Le Dessin」というお店をされていた方が、島田で開いたラーメン屋です。

フレンチレストランは10年ほどされていたそうです。

ラーメン ル・デッサンは、「自家製麺」、「天然だし」、「無化調」にこだわってラーメンを作られているそうです。

メニューとしては、まず温かいラーメンと冷たいラーメンがあります。

温かいラーメンには4種類のだしがあります。

かもがらとりがらだし・岩手ほろほろ鳥だし・函館ほたてだし・藤枝一黒しゃもだし

さらに4種類の味があります。

しょうゆ・みそ・しお・かけ
※藤枝一黒しゃもだしの場合はしょうゆ、しお
たくさん選択肢があるのはいいんですが、おすすめがどれかわかりにくく、正直迷いました。
スポンサーリンク

「ル・デッサン」の藤枝一黒しゃもだしの醤油ラーメンを食べてみた!

どれを食べようか迷ったけれど、とりあえず地元の名前がついている「藤枝一黒しゃもだしの醤油ラーメン」を頂いてみることに。

それと気になった「さくらメシバターライス」も注文。

ラーメンは、まず見た目がきれい!

さすが、元フレンチシェフというだけあって、ラーメンではないかのような盛り付けです。

藤枝一黒しゃもだし醤油ラーメン1,000円

スープは、あっさりしたしょうゆ味の中にトマトの酸味が効いています。

いわゆるラーメンという感じではないので、違和感を感じる方もいるかも。

でも、酸味の効いたスープはおいしい!

テーブル脇に黒胡椒、粉末白胡椒、ゆずこしょうといった調味料がセットされていたので、粉末白胡椒を足してみると少しスパイシーが加わって更に楽しめました。

私がおいしいなと感じたのは「さくらメシバターライス」!

さくらメシバターライス(大)300円

さくらメシバターライス(大)300円

「さくらメシ」というのは、島田の郷土料理で醤油と出汁でごはんを炊くというシンプルな料理。

それに、玉ねぎのソテー、バター、ローリエなどフレンチ要素を加えたのが「さくらメシバターライス」なんだそうです。

味にムラがなく、どこを食べてもさくらメシバターライスの味がちゃんとするところは、さすがフレンチのシェフという感じ!

ラーメンのスープに浸して食べてもおいしいです。

スポンサーリンク

「ル・デッサン」は待ち時間が長い

今回、行ってみて思ったのが、待ち時間が長いということです。

ラーメンが提供されるまで、待つこと20分。

ラーメン屋さんで20分は正直、長いと感じてしまいます。

時間に余裕のある時に行くことをおすすめします!

スポンサーリンク

おしゃれな店内で彩りの美しいラーメンを

今回は、島田市に新しくできた「ラーメン ル・デッサン」を紹介しました。

店内もテーブル席とカウンター席の並ぶカフェ風、フレンチ要素のあるラーメン、待ち時間があるなど、正直、意見の分かれそうラーメン屋だと思います。

いわゆるラーメン屋さんというのをイメージしていくとちょっと違うかもしれませんが、新しいものを試してみたいという方は行ってみても良いかもしれません。

ラーメン ル・デッサン
営業時間 7:00〜14:00
定休日 毎週月曜日、金曜日、第3日曜日
住所 〒427-0053 静岡県島田市御仮屋町8802
(駐車場有り、店舗前と「ふとんの増田西側」)
Tel 0547-54-5536
Web Site ラーメン ル・デッサン

〈参考元〉ラーメン ル・デッサン

和食
スポンサーリンク
シェアしてもらえるとうれしいです!
やっぱり静岡がすきだら!