島田市の鰻屋「うな一」のうな重ははおいしくてお手頃!名物メニュー「きもわさ」は一度は絶対に食べるべき!

unaichi-ec 和食

島田市にある鰻屋「うな一」に行ってきました。

うなぎというと高級なイメージがありますが、「うな一」はおいしくてお手頃!

今回はそんな「うな一」で「うな重」と「きもわさ」というおつまみ料理を食べてきたので、紹介します。

スポンサーリンク

「うな一」って?

「うな一」は、島田市にある鰻屋さん。

unaichi-omise

お仕事している方の昼食などにも人気のお店で、平日の昼前に行った時点で、すでに並んでいました。

毎日のことのようで、店内でのお食事の提供時間を短縮するため、外で待っている間にメニューを渡されて注文を聞かれます。

unaichi-menu1

うな一 お品書き
うな重(肝吸い、おしんこ付)

  • 梅…2,500円
  • 竹…2,700円
  • 松…3,400円
  • 特二段重…4,000円

蒲焼定食(味噌汁・おしんこ付)

  • 梅…2,500円
  • 竹…2,700円
  • 松…3,400円

白焼定食…2,700円

うな重の松でも3,400円、特二段重で4,000円なのでなかなかお手頃なお値段だと思います。

unaichi-menu

メニューは、鰻屋さんなのでもちろん鰻がメインですが、夜の時間帯もやっているのでおつまみメニューも種類がありました。

スポンサーリンク

「うな一」のうな重食べてみた!

うな重の松(3,400円)を食べてみました。

うな重としらすおろし、お漬物、肝吸いがセットになっています。

unazyumatsu

うな一 うな重松 3,400円

しらすおろしがついている所が、静岡らしいですよね。

鰻はふわふわで柔らかく、タレは濃すぎず軽い感じで食べられそうなうな重です。

ごはんの量が少なめでお腹にたまらない所がうれしい!

そして、鰻を食べるなら肝吸い飲みたいと思う私にとっては、このお値段でちゃんと肝吸いなが付いているところもうれしいです。

ちなみに、特二段重(4,000円)は、お重は1段で鰻の量が多くなっているみたいです。

スポンサーリンク

うな一の名物メニュー「きもわさ」も食べてみた!

うな重を待っている間、ふと目に入った「きもわさ」。

ただ気になって頼んでみただけなんですが、後から調べてみたら結構SNSに写真をあげている人が多いみたいで、「うな一」の名物メニューみたいです。

unawasa

きもわさ 580円

どんな料理なのかというと、わさびをといた出汁に鰻の肝が入っているおつまみ的な料理。

トッピングにはネギとかいわれがのっています。

鰻の肝の生臭さやクセは感じず、わさびや薬味の辛味が効いたさっぱりとしたおつまみです。

ビールや日本酒に合わせても絶対においしいはず!

スポンサーリンク

邪道かもしれませんが、個人的に気に入った食べ方を紹介したいと思います。

うな重ってどうしても途中でタレの濃さに飽きてしまったり、途中でしんどいかも…となってしまいがちな人におすすめの食べ方です。

それは、「きもわさ」の出汁をとっておいて、うな重を食べる合間に「きもわさ」の出汁を飲む食べ方です。

うな重飽きてきた、ちょっとお腹がしんどい…そんな時に、この出汁を飲むとお口の中がピリッとリセットされ、最後まで飽きずにうな重が食べられます。

このわさびの出汁が辛すぎずちょうどよく出汁も効いていておいしいので、「うな一」に来た際には「きもわさ」を頼むことをおすすめします。

スポンサーリンク

おいしくてお手頃な島田の鰻屋「うな一」

今回は、島田市にある鰻屋「うな一」を紹介しました。

お手頃なお値段でおいしいとなれば、最強!

人気店なので予約なしの場合は並びますし、提供までの時間も多少待ちますが、うなぎ好きの人にはおすすめです!

うな一
営業時間 11:30〜14:00、17:00〜20:00
定休日 火曜日・第3水曜日
場所 静岡県島田市船木2351-70 駐車場あり
電話 0547-38-2314

駐車場は、お店の前と100mほど離れた所にもう1か所あります。

その他の島田市の記事はこちら

和食
スポンサーリンク
シェアしてもらえるとうれしいです!
やっぱり静岡がすきだら!