下田市上原美術館の特別展「伊豆半島仏像めぐり」は、仏教美術と風景画が同時に見られるお得で、ちょっと変わった展覧会!

イベント

こんにちは、saku(@saku_smtghb)です。

今回は、下田市にある上原美術館で4月6日(土)から開催されている特別展「伊豆半島仏像めぐり」と同時開催の「画家たちの旅‐梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景‐」を紹介します。

上原美術館は、2017年に作られたばかりの新しい美術館です。近代館と仏教館の2つの建物があるのが特徴的な下田市にある美術館。今回紹介する企画展は、GW期間中もやってますので、観光や旅行のついでに寄ることもできます。

スポンサーリンク

「伊豆半島仏像めぐり」、「画家たちの旅‐梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景‐」って?

さっそく、現在開催されている2つの企画展について紹介します。

特別展「伊豆半島仏像めぐり」

特別展「伊豆半島仏像めぐり」では、伊豆半島の7つの市と6つの町(13市町)それぞれから一つずつ選ばれた仏像が展示されます。

今回仏像を出展される13市町は以下です。

熱海市 伊東市
東伊豆市 河津町
下田市 南伊豆町
松崎町 西伊豆町
沼津市 伊豆市
伊豆の国市 函南市
三島市

県指定文化財が4つ、三島市指定文化財が1つあるので、見応えとしては十分なのではないかと思います。

平安時代から江戸時代までの大小さまざまな仏像は、地域ごとの特徴が出ているはず。仏像と伊豆の歴史や文化の関わりを考えてみるのもおもしろいかもしれません。

「画家たちの旅‐梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景‐」

同時開催の「画家たちの旅‐梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景‐」では、旅という点に着目し、画家たちが旅からインスピレーションを得た絵画が展示されるそうです。

ところで、ルノワールはいいとして、梅原龍三郎、牛島憲之という方を知っていますか?普段、日本の画家の美術展に行く機会がないのもあって、私は知りませんでした。

梅原龍三郎と調べてみると、しっかりした輪郭線と鮮やかな色彩の力強い印象の画像が出てきてちょっとびっくりしました。ルノワールみたいな感じかと思っていたら、それとはちょっと違う画風です。

彼はヨーロッパで学んだ油彩画に日本の伝統美術を取り入れたスタイルの洋画家。ルノワールに師事したこともあるそうです。東京にあったアトリエが現在でも山梨県で見ることができるそうです。

続いて牛島憲之という人物。彼も洋画家で、先程の梅原龍三郎とは反対の柔らかな線と穏やかな色彩が特徴的な画風です。こちらの方がルノワールなどの印象と近いかも。

また、限定されたモチーフを使い、同じ風景が繰り返し描かれることも特徴なんだそうです。

大きな展覧会では、一つの流派や一人の画家をテーマとして同じスタイルの作品をまとめて見ることが多いですが、この展覧会では、旅というテーマのもとに色々な画風の画家の作品が見られるところが特徴的で、おもしろいのではないかなと思います。

スポンサーリンク

仏像と風景画が一緒に見られる盛り沢山な展覧会

今回は、上原美術館で現在開催中の特別展「伊豆半島仏像めぐり」と同時開催の「画家たちの旅‐梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景‐」を紹介しました。

仏像と風景画を同時に見るという体験はなかなかないのでは?

色々なジャンルの美術品が見れてお得(?)な上原美術館の特別展、おすすめです!

「伊豆半島仏像めぐり」、「画家たちの旅」
開催期間 2019年4月6日(土)〜6月30日(日)
※会期中無休
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 展覧会会期中は無休
場所 上原美術館 〒413-0715 静岡県下田市宇土金341
入館料 【大人】1,000円【学生】500円【高校生以下】無料

※団体10名以上10%割引
※障がい者手帳をお持ちの方は半額

お問い合わせ 0558-28-1228
Web Site 上原美術館

〈参考元〉
上原美術館