「Tokyo International BarShow 2019」に行ってきた!今年はジャパニーズクラフトジンが豊富!

イベント

こんにちは、saku(@saku_smtghb)です。

5/11(土)、12(日)に後楽園の東京ドームシティ プリズムホールで開催された「Tokyo International BarShow 2019」に行ってきました!

年々規模が大きくなっているお酒のイベントで、13,500人が来場したそうです。

今年は入場までに外で並んでいる時間も多くて、会場に入れるか少しハラハラしました。

よくバーに行く人や、ウィスキーやカクテル、ジンが好きな人におすすめのイベントです。

スポンサーリンク

Bar Showって?

barshow2019

「Bar Show」は、2012年に「東京 インターナショナル バーショー」として開催されたことから始まったお酒のイベントです。

バーやカクテル、ウィスキーが好きな人のためのイベントで、世界的に著名なバーテンダーのデモンストレーションを見たり、国内外から集められたお酒を楽しむことができます。

今年のテーマは、「カクテル&ミュージック」で、音楽がお酒に与えた影響について造詣の深いMr.Dave Broom氏の講演などが行われました。

54の出展ブース

今年の出展ブースを紹介します。

今年はウィスキーはいつも通りな感じだったのですが、ジンは新しいものも豊富で盛り上がっていました。特に、ジャパニーズクラフトジンが目立ちました。

出展ブランド名を書くとややこしくなってしまうので、出展企業名のみをまとめました。詳しく知りたい人は、Bar ShowのHPを見てみて下さい。

Bar Show 2019 出展企業名一覧
ベルノ・リカール・ジャパン株式会社 ボビーズジンカンパニー
三陽物産株式会社 株式会社コートーコーポレーション
ジャパンインサイト株式会社 ミリオン商事株式会社
横山興業株式会社 リデール
株式会社明治屋 株式会社武蔵屋
株式会社都光 三和酒類株式会社
スコッチモルト販売株式会社 モンテ物産株式会社
サントリースピリッツ株式会社 アサヒビール株式会社
都商会 アイデイ商事株式会社
カナダパビリオン 日本ビール株式会社
バカルディ・ジャパン株式会社 株式会社ウィスク・イー
キリンビール株式会社 雄山株式会社
ジャパンメディアセールス 株式会社北澤企画事務所
木村硝子店 フィリップ モリス ジャパン合同会社
レミー コアントロー ジャパン株式会社 MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社
桜尾ディスティラリー 株式会社ベンチャーウィスキー
本坊酒造株式会社 えぞ麦酒株式会社
マリーブルザール ワイン&スピリッツ ユニオンリカーズ株式会社
日和商事株式会社 合同会社グローバルグロサリー
株式会社田地(信濃屋食品) クルン株式会社
横浜燻製工房株式会社 株式会社ワイン・スタイルズ、ホンダシーフーズ株式会社
養命酒製造 小正醸造株式会社
マルカイコーポレーション株式会社 株式会社フードライナー
アクサス株式会社 株式会社ワインショップ西村
株式会社Genuss 株式会社栃木リキュール
ウィスキー文化研究所 株式会社ナランハ
COHIBA ATMOSPHERE TOKYO×新宿 Kagaya

クラフトジンが豊富だった「Bar Show 2019」

ここからは、画像と一緒に会場の様子を紹介します。

先程も書いたように、今年はジャパニーズクラフトジンが豊富で、おなじみのあの企業が出しているクラフトジンを試飲したり、ワールドカクテルコンペティションチャンピオンのバーテンダーさんにカクテルを作ってもらったりと、1日で色々なお酒を楽しめました。

まずは、開会式の様子。

barshowopeningceremony

そうそうたるメンバーが全員集合で多くの人がシャッターを切っていました。

barshow-kaizyou

会場にはこんな感じでブースが並んでいます。一番奥にはバウチャー券で買えるフードブースもありますが、食事には関してはあまり期待できません。

バウチャー券を使うのがもったいないと感じる人は、事前に食べてきた方がいいかも。

barshow-takahashinaomi

2013年ワールドカクテルコンペティションで日本人女性として初めてチャンピオンに輝いた高橋直美さんにカクテルを作ってもらいました。貴重!

下は養命酒製造のブース。出しているのは、養命酒ではなく「香の森(かのもり)」というクラフトジン。

youmeishu

日本古来の香木「クロモジ」と18種類のボタニカルを使用しているのがポイントで、香りがとてもよく癒やされました。

続いて桜尾ディスティラリーのブース。広島 桜尾にあるクラフトジンを作っている会社。

sakuraodistillery

桜尾ジンのオリジナルとリミテッドを出していて、リミテッドには牡蠣殻が入っているそうです。

飲むと本当に牡蠣の味がします。

オリジナルは、甘さがあって飲みやすく、ジンをあまり飲んだことない人でも飲みやすいジンだと思います。個人的にも「Bar Show」で飲んだ中で一番気に入りました。

変わり種のお酒を出していたのは、三和酒類株式会社。「いいちこ」を販売している会社です。

tumugi

和+スピリッツでワピリッツの「TUMUGI」というお酒を出していました。

麹を使ったカクテルベーススピリッツです。

そして、静岡県島田市から来ている企業もありました。

japanmediasales

ジャパンメディアセールスという会社で、ブースでは「ヘルシンキドライジン」というフィンランドのジンと「ヘルシンキロングドリンク」というジンが入ったグレープフルーツジュースを出していました。

「ヘルシンキロングドリンク」も甘くて、ジンを飲んだことない人におすすめです。

まだまだ色々なブース、お酒があったのですが、特に印象に残ったものを紹介しました。

ここでもほぼジンが多かった通り、今年は本当に豊富でした。

スポンサーリンク

「Bar Show」への参加方法

ここでは、「Bar Show」に参加するために必要な準備、当日より楽しみたい人がすることをまとめます。

2019年の「Bar Show」は終わってしまったので、来年参加したいと思っている方は参考にしてみてください。

当日までに準備すべきこと2つ

ticket

まず「Bar Show」当日までに全員が準備すべきことが2つあります。

  • チケットを購入する
  • バーショーカードの申し込みまたは同意書の記入

「Bar Show」に参加するには、チケットが必要です。

このチケットは、入場(再入場可)の他に記念誌や記念品がもらえたり、展示ブースでのテイスティングができるチケットです。

チケットは、一般社団法人 日本バーテンダー協会関東統括本部一部会員店舗のバーもしくはプレイガイド(ローチケ、イープラス、ぴあ)で購入できます。

チケットが購入できるバーはBar Showの公式HPで確認できます。来年の参加を考えている方は、行きつけのバーでチケット購入できるか確認しておくといいかもしれません。

Bar Show 2019チケット代金
1日券 【前売り】5,000円【当日】6,000円
2日券 【前売り】9,000円【当日】10,000円
※価格は全て税込み価格。販売方法により手数料が異なります。

Bar Showは2日間に渡って開催されるので、1日のみ使える1日券と2日間使える2日券があります。

1日券か2日券かの選択ですが、展示ブースは2日間とも同じなので、メインステージやマスタークラスで行われるイベント、講演によるのかなと思います。

チケットは当日券もありますが、入場制限がかかると当日券の販売も中止になるそうです。

今年の様子を見ていると入場制限というのも今後ないとは言い切れない感じだったので、参加が確実な場合は前売り券を買ったほうが良いと思います。

ただし、購入後のキャンセルはできないので、スケジュール調整は要注意です!

スポンサーリンク

無事チケットを購入したら、次は大事な「バーショーカードの申込みまたは同意書の記入」です。

これは、お酒のイベントなので参加にあたっての色々なルールに対する同意書なんですが、やっておくことをおすすめします。

というのも、上のどちらかがないと当日、入場列に並んでいる時に同意書を書くことになるんです。

今年、私は知らなくて当日書いたのですが、人が多くてスタッフさんも慌ただしいし、面倒くさいです。

バーショーカードがあれば同意書は書かなくていいそうなので、便利。事前申し込みは国内在住者のみ、申込期限後や海外在住者は当日、会場で申し込めるそうです。

私も来年はバーショーカード申し込もう、絶対に!

チケットを買う、バーショーカードの申し込みまたは同意書の記入、この2つをクリアしたら当日までの準備はO.K.です。

当日より楽しみたい人がすること

ここからは、当日より楽しみたい人がすることを書きます。

それは、バウチャー券を買うこと。

「Bar Show」では、出展ブースで無料のドリンクを試飲できますが、一部プレミアムスピリッツや特別なカクテル、食べ物はバウチャー券が必要です。

5枚綴り1,000円で会場のバウチャーショップで購入できます。

人が多いとこの辺りも混雑するので、始めからバウチャー券を利用することが決まっている人は先に買っておいた方がスムーズだと思います。

ただ、バウチャー券がなくても十分楽しめるし、必要になってから買うこともできるので、全員必須ではないと思います。

また、マスタークラス(講演)のチケットもバウチャー券(または現金)で購入できるそうです。

以上が、「Bar Show」に参加するために必要な準備、当日より楽しみたい人がすることです。

全員必須の事前に準備すべきことをもう一度まとめておきます。

  • チケットを購入する
  • バーショーカードの申し込みまたは同意書の記入

「バーショーカードの申し込みまたは同意書の記入」は、当日少しでも面倒を減らすためにしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

バー好き、ウィスキー、カクテル、ジン好きにおすすめ!

今回は、5/11(土)、12(日)に後楽園の東京ドームシティ プリズムホールで開催された「Bar Show 2019」を紹介しました。

1日5,000円でウィスキーやカクテル、ジンといったお酒が飲み放題、他にもチャンピオンバーテンダーが作ったカクテルが飲める、最新のお酒の情報が手に入るなどとてもお得なイベントだと思います。

バー好き、ウィスキー、カクテル、ジンといったお酒が好きな人におすすめです!

その他の5月のイベントはこちら

〈参考元〉Tokyo International BarShow 2019

イベント
スポンサーリンク
シェアしてもらえるとうれしいです!
やっぱり静岡がすきだら!