静岡生まれのタルトケーキ屋さん「qu’il fait bon (キルフェボン)」はおいしいケーキとかわいい店内で非日常感が体験できる!

スイーツ(和菓子・洋菓子)

こんにちは、sakuです。今回は実は静岡発祥のタルトケーキ屋さん「qu’il fait bon (キルフェボン)」を紹介します。

スポンサーリンク

「qu’il fait bon」ってどんなお店?

県外でも割と有名な「qu’il fait bon (キルフェボン)」は実は静岡発祥のお店。最初は輸入雑貨屋で、タルトケーキ屋になったのは後からみたいです。

ちなみに店名の「qu’il fait bon」はフランス語で「なんていい陽気なんだろう!」という意味だそう。

「qu’il fait bon」では、入り口を入るとお店の真ん中にショーケースがあり、たくさんのケーキを自由に見て選べるところが特徴的。

ショーケースの周りを行ったり来たりして悩みながら決めることができます。

スポンサーリンク

春バージョンの季節のフルーツタルトを食べてみた!

キルフェボン「季節のフルーツタルト〜春バージョン〜」(piece ¥675)

「季節のフルーツタルト〜春バージョン〜」(piece ¥675)

今回は「季節のフルーツタルト〜春バージョン〜」(piece 675円)を注文しました。

春バージョンということで、いちごやバナナ、オレンジ、ぶどうなどの春の果物がたくさん乗っています。

全体的に果物が乗っていて見た目もかわいく、豪華!

果物の下にはカスタードクリームが塗られています。このクリームが甘すぎない絶妙なクリームで、果物の甘さを引き立ててくれます。タルト生地もサクサクでおいしいです!

お店の内装もかわいい!

今回は店内で食べたのですが、お店の内装も独自の世界観で統一されていてかわいい!

このかわいい内装は“デコラトリス”という専門の方がいて、季節ごと、イベントごとに内装を変えているそうです。

特に、シャンデリアにはこだわっていて、手作りで店舗ごとに異なるデザインのものが設置されているそうです。

お店に行くだけでもイベント感があって楽しめます。

スポンサーリンク

かわいい店内で食べるのがおすすめ!

今回は葵区にあるタルトケーキ屋「qu’il fait bon (キルフェボン)」を紹介しました。

こちらのお店は、断然店内で食べるのがおすすめ!かわいい店内とおいしいタルトケーキを両方楽しめて、非日常的な時間が過ごせるはずです。

もちろん、デートや女子会で行くのはもちろん、意外と(?)男性1人のお客さんもいたので、スイーツ好きな男子も挑戦してみてはいかがでしょうか!

qu’il fait bon (キルフェボン)
営業時間 【Shop】11:00〜20:00 【Cafe】 11:00〜20:00 (L.o.19:30)

※状況により、終了時間が早まる場合有り。
※カフェスペースの席の予約は不可。ケーキの予約は可。

場所 〒420-0032 静岡県静岡市葵区両替町2-4-15
電話 054-205-5678
Web Site qu’il fait bon (静岡店)

その他のケーキの記事はこちら

〈参考〉icott / qu’il fait bon