飛行機に乗る予定はないけれど、「富士山静岡空港」であんみつ食べてみた!

スイーツ(和菓子・洋菓子)

こんにちは、sakuです。全く飛行機に乗る予定なんてなかったのですが、一度も行ったことがなかったので、「富士山静岡空港」に行ってみました。
しかし、リニューアル工事中でお店はほぼ閉まっている状態。それでも、今回、作業するのに良さそうなカフェをみつけたので、紹介します。

スポンサーリンク

「富士山静岡空港」って?

開港したのは、2009年6月4日、県が所有していましたが、来年(2019年)から民営化されます。国内定期便は、新千歳、福岡、鹿児島、那覇、出雲、丘珠があり、国外定期便はソウル、上海、武漢(上海経由)、台北、寧波、杭州、南京があります。

2016年からターミナルの改修・増築工事を行っていて、2018年4月10日に新しくなったターミナルは柱や梁に県産の杉を使っているそうです。天井全体に杉の梁が架けられていて、木の温かみと同時に外までずっと一本の杉が架けられているので開放感もあります。まだ、新しいので壁や床も白くて気持ちよかったです!また、3階には展望デッキもあり、飛行機が飛び立つ様子をベンチに座って見ることができます。天気の良い日は、ここでずっとのんびりしていたいくらい、日当たりがよく気持ちの良いデッキでした。
ちなみに、冒頭でも書いたリニューアルというのは2019年夏頃まで続くそうで、リニューアル後はこんな感じになるそうです。

スポンサーリンク

人が少なければ作業するのによさそうなカフェ「TABI CHA FE(タビチャフェ)」を発見!

というわけで、リニューアルに伴い、お土産屋さん以外ほぼお店は開いていません。しかし、折角来たのだから何かないかなとうろうろしていると、「TABI CHA FE(タビチャフェ)」というカフェを発見しました。「あんみつ(夏限定)¥600」があったので、入ることに。

カフェは開放的な空間で、目の前も全面ガラス張りになっていて眺めがよく、机には電源もあるので、人が少なければ作業するのに良さそうな空間でした。実際、ほとんどの方が本を読んだり、勉強したりと思い思いの時間を過ごしていました。

また、「利き酒セット(¥1200)」などもあるので、もちろん旅の合間に寄って、一息つくのにもぴったりだと思います。

お店の情報
営業時間 9:30~19:00(LO18:45)
電話 0548-29-1150
場所 旅客ターミナルビル2F
Web Site TABI CHA FE(タビチャフェ)
スポンサーリンク

まとめ

今回は飛行機に乗る予定はないけれど、空港に行ってみたという、ちょっと珍しいことをしてみました。大きな空港は、広くて賑やかでイベントや免税店で楽しむといった華やかさを楽しむということになるのだと思いますが、お茶畑の中にどーんと作られた空港では、広くて静かで周囲が緑と空という空間を使って、のんびりぼーっと過ごすというのも意外にアリかもと思いました。そうはいっても、民営化、リニューアルを経て、今後賑やかな空港になってくれるとうれしいですけどね!

〈参考〉
富士山静岡空港
静岡県公式HP