清水区 フェルケール博物館で「時代を彩るグラフィックデザイン」を見てきた!今とは違うデザインや感覚がおもしろい!

イベント

こんにちは、saku(@saku_smtghb)です。

先日、当ブログでも紹介した清水区フェルケール博物館で現在開催されている「時代を彩るグラフィックデザイン」という企画展を見てきました。

フェルケール博物館や、「時代を彩るグラフィックデザイン」の概要を知りたい方はこちら

今回は、「時代を彩るグラフィックデザイン」を見てきた感想を書きたいと思います。5月まで行われている企画展なので、興味がある方は参考にしてください!

スポンサーリンク

「時代を彩るグラフィックデザイン」を見てきた!

前回の記事にこの企画展の概要は書いたのですが、簡単に説明すると近代グラフィックデザインの端緒となる蘭字(日本茶をアピールするため、パッケージに貼られていたラベルのこと)を集めたイベントです。

イメージ的にはこういった感じのものが見られます。

時代を彩るグラフィックデザイン

フェルケール博物館は大きな建物ではないので、展示スペースも小さめですが、逆に気楽に見られるし、意外と満足度も高いものでした。

その当時の独特のデザインや色を見て楽しめるのはもちろん、キャッチコピーも今の感覚とは少し違うので、そういった部分でも楽しめます。

中には、松坂屋や花王株式会社など現在も続いている企業のラベルなんかもあるので、自分の知っている会社のラベルを探すという楽しみ方もあります。

絵画の展覧会といわれると、少しハードルが高く感じてしまう人もいるかもしれませんが、「時代を彩るグラフィックデザイン」はそういったものよりも
気軽に楽しめると思うので、普段美術館や博物館に行かないという人にもおすすめ
です。

スポンサーリンク

常設展も見てみた!

フェルケール博物館の入館料で、常設展と企画展の両方が見られたので、折角ならと常設展も見てきました。

フェルケール博物館は、正式名称は「清水港博物館」というだけあって、船の模型や港の成り立ちについての展示がされていました。

時代を彩るグラフィックデザイン

常設展でも蘭字が見られるので、「時代を彩るグラフィックデザイン」を見に来たら、常設展も見るのがおすすめです!

「時代を彩るグラフィックデザイン」
開催期間 2019年3月16日(土)〜5月19日(日)
時間 9:30〜16:30(3月16日は10:30開館)
休館日 月曜日 4月29日、5月6日は開館、4月14日(日)は臨時休館
場所 フェルケール博物館

〒424-0943 静岡県静岡市清水区港町2−8−11

(無料駐車場有り)

電話 054-352-8060
入館料 大人400円、中高生300円、小学生200円、団体割引(20名以上20%引)※障がい者手帳等をご持参の方は無料、その付添の方1名半額
Web Site フェルケール博物館